おうちで楽しむ

三点リーダー症候群とは何か?相手に誤解されない使い方3つのポイントを紹介

三点リーダー症候群とは何か?相手に誤解されない使い方3つのポイントを紹介

三点リーダー症候群になっていない?チェック方法

2021年1月31日フジテレビ「ワイドナショー」で取り上げられた話題「三点リーダー」について話題です。

三点リーダーとは「…」この点が3つ並ぶ記号のことです。

文末に句点の代わりに「…」を使う方法があります。

三点リーダー症候群というのは、初めて聞きました。

これは、2020年よりリモートワークが増えてメールや各SNSでのメッセージのやり取りが増えたことで明らかになった新しいコミュニケーション方法の名称のようです。

この記事では、

  • 三点リーダー症候群とは何か?
  • 三点リーダーを相手に誤解されない使い方3つのポイント
  • 三点リーダー症候群とは何か?相手に誤解されない使い方を調査まとめ

について考えてみます。

三点リーダー症候群とは何か?

三点リーダーとは「…」この点が3つ並ぶ記号のことです。

三点リーダー症候群とは、「…」を多用しボカして曖昧な言い回しをする人のことを言います。

相手の出方をみたり、相手の言動を待つような使い方をする人は三点リーダー症候群といえます。

仕事中のメッセージのやり取りで見かける、という人も多いと思います。

まtあ、自分で多様しているのかもと自覚している人もいるかもしれません。

三点リーダー症候群といわれないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

みーよん
みーよん
考え、調査してみました!




三点リーダーを相手に誤解されないで使う方法は?

三点リーダーを使う際に、相手に誤解されないで使う方法はあるのでしょうか?

三点リーダー症候群といわれないために気を付けること

  • 三点リーダーは使わずに文末を表現する
  • 三点リーダーを使いすぎない
  • 三点リーダーを使うルールを決めてみる

詳しく見ていきましょう。



三点リーダーは使わずに文末を表現する

三点リーダーを使う必要がない場合は、句点を使いましょう。

三点リーダーというのは、本来は『ほかにも、もっとたくさんありますよ』といった余韻を表現する記号です。お悔やみの言葉など、言葉に詰まっているニュアンスを表すことや、言いづらいことを濁すという機能もあります。表現を広げてくれる便利な記号

引用:Yahooニュース

小説家・漫画家・脚本家など、物語を生み出す人は三点リーダーの使い方をしっかりを思えておきたいですね。




三点リーダーを使いすぎない

何か質問をするたびに、回答の文末に三点リーダーがついていたら質問に対する答えがはっきりわからず、困ってしまいます…

具体的な三点リーダー症候群の回答例

「問題なければ、それでも構いませんが…」

「できれば、そうしてほしいんですけど…」

引用:Yahooニュース

「問題なければ、構いません。」とはっきり言ってくれた方が気持ちがいいですよね!

言い方については、相手にどうしてほしいのかを伝えるということを念頭に置くことがポイントになります。

「『○○ですが…』ではなく、『○○ですが、いかがでしょうか?』など、相手にどうしてほしいのかをつけ加えるクセは身につけた方がいい。『こんな返事がきました…』と言われても、それを喜んでいるのか、悲しんでいるのか、相手はわからない。『こんな返事がきたから、こういう対応をしようと思います』など、行動する気があるのかどうか、最後までものを言う姿勢は特にビジネスにおいては必要です」

引用:Yahooニュース



三点リーダーを使うルールを決めてみる

三点リーダーを使うことが多い、と自覚している人はまず自分なりにルールを作ってみるのもおすすめです。

SNSでもメッセージを投稿する際には、1投稿に1つだけ使うと決めている人もいらっしゃいました。

三点リーダー症候群とは何か?相手に誤解されない使い方を調査まとめ

この記事では、三点リーダー症候群について考察しました。

三点リーダーを使い図ぎずに、相手の方と気持ちよいコミュニケーションができるように心がけましょう。

三点リーダー症候群にまつわる様々な意見

三点リーダーは「……」とふたつ重なるという使い方があるという指摘もありました。